■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=840175
2019年03月30日(土) 

ショーケンこと萩原健一さんがこの世を去りました。

私にとっては思い出深い人物でした。

 

テンプターズのボーカルで活躍していた頃、私も東京にいてバンドを組んでいたので憧れの存在でした。

演奏会にも時々行きました。

 

その後は俳優としての再出発、日本テレビ「前略おふくろ様」に私ははまっていました。

確か海ちゃん役が桃井かおりさん、川谷拓三さんが片思いしていました。(と記憶しています)

坂口良子さんが萩原さんの彼女役だったのですが、気が小さくてなかなか言い出せません。

そのじらし方がじれったくてハラハラしながら見ていました。

(脚本が倉本聡さんですからね・・・じらしは得意です)

 

この時のおふくろさんが田中絹代さんです。

毎回少ししか出てきませんが手紙を読むシーンが印象的でまだあの声を覚えています。

梅宮辰夫さんも板前役で出ていました。

 

平成の終わりになって思い出の有名人がみんな逝ってしまいます。

自分も歳をとったものだと感じるこの頃です。

 

 


閲覧数105 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/03/30 07:47
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/03/30 18:27
    破天荒な男の魅力でしたね。

    韋駄天に登場するので、
    最後の熱演、注目したいと思います。
    次項有
  • 2019/03/30 20:39
    鉛筆shinobiさん
    > 隣のとろろ園さん
    彼の場合は途中から残念な人生になってしまいました。
    突っ張りすぎたんでしょうね!
    晩年になってそれが分かってきた時は既に時遅しだったと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 03月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み