2019年03月30日(土) 
 今週、まんぷく第26週(第146話~第151話)最終話を見ました。
 まんぷくヌードルが売れ始めたところで終わり、カップライスや宇宙食の話には至りませんでした。
 実際には、昭和46年9月に発売しましたが、ドラマ通り、当初は全く売れませんでした。
 また、爆発的に売れ出したきっかけである昭和47年2月の連合赤軍あさま山荘事件は取り上げられませんでした。若し警視庁機動隊(長野に応援に行った)に納入されてなかったなら、現在のカップ麺時代は来なかったでしょう。
 若者に大人気となった歩行者天国は、実際は昭和46年11月に銀座三越前で、1日で2万食が売れました。しかし、其の後も、スーパー等では売れず、湯が出る自販機を開発しました。

 まんぷくヌードルが発売され、一部の知人たちには好評なものの、百円は高すぎて予定の3分の1しか売れない。萬平は、スーパーや小売店ではない販路を考えると言い出す。
 ホテルやタクシー会社などの深夜も営業してるところに、少しずつ世間の人に知って貰うために、売り込むことに。萬平と幸が喧嘩したとき、幸が萬平は若者文化を知らぬという。
 福子が、夜中に開いてる店が有れば売れるかもという。萬平は、湯が出る自販機の開発を決める。
 鈴の生前葬が行なわれる。
 福子、若者に売ろうと言い出す。萬平、歩行者天国での販売を決める。
 始まったばかりの歩行者天国で人気。翌日からは店頭販売も好調。萬平と福子は「麺ロードの旅」に出掛ける。

閲覧数91 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2019/03/30 16:55
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/03/30 16:56
    鉛筆ちゆきさん
     何故、画像が横倒しになったのか、分かりません。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ちゆきさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 03月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み