2019年05月12日(日) 

 掛川市西北部の和田岡地区に紀元5世紀頃に作られたという前方後円墳があります。

 下画像が今回の工事に入る前の前方後円墳です。

 

  (吉岡大塚古墳)

 

 

 この古墳が現在形を変えようとした工事が進められています。

 当ブログの3/17付にてもご紹介しておりますが、我々が古くから古墳として教育されてきた古墳の形(上の画像)がいま形を変えようとしています。

 

 1月の状態から数ヶ月経ったのでその変化の過程をみようと5月の初旬に訪れて見ましたが工事はあまり進んでいませんでした。

 

 下画像左が1月の状態。  右画像が5月の状況です。

 

    

 

   

 

    

 

 1月の状態(左)と5月の状態(右)では、古墳の強度などの問題があるのか工事は進んでいませんでした。

 しかし、この古墳。いろいろ課題はあるのでしょうが、古代の古墳のイメージが壊れていることは確かです。

 今後工事がどのように進んでいくのか見守りたいと思います。


閲覧数41 カテゴリアルバム コメント4 投稿日時2019/05/12 15:53
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/05/12 16:12
    shinobiさん
    この古墳をどのようにするのか、という計画が見えないですね!
    何か説明の看板はないんですか?
    次項有
  • 2019/05/12 22:24
    shinobiさんへ
    現地にでは説明板は気づきませんでした。
    掛川市の管理するところ(教育員会とか観光課とか・・・)にはあるのかもしれませんが、市民への周知は限定的かもしれませんね。

    結果的には元へ戻すこともないでしょうから残念です。
    次項有
  • 2019/05/13 19:49
    第五まち協HP担当さんへ
    情報ありがとうございました。

    公園化整備との観点から古墳が整備されることはわかりたましたが、本来の古墳イメージをこれまでのイメージに近いものにしておくことはできなかったでしょうか。
    残りの古墳も今後整備との表記もありましたが、残りの古墳は、現容姿が残る形での整備して貰いたいものですね。

    考古学者のご意見はいかがなものだったのでしょうか。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=840674