■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=840675
2019年05月12日(日) 
清水エスパルスのヨンソン監督が更迭。

僕は基本的にシーズン途中での首切りには反対なんだけど、今回は致し方ないかな?

新体制スタート初っ端に攻撃の核・ドウグラスが離脱、ここから迷走が始まった感があるな。

昨季の攻撃力をより高めるためにエウシーニョを獲得したものの、ドウグラス離脱でフォーメーションの変更を決断。これはドウグ不在の中でエウシーニョをSBからSHへと一列前にする事で彼の攻撃力を活かすつもりだったのなか?でも白崎が抜けて攻撃の組み立てそのものが昨季とは変わった事に加え、石毛、竹内、ヘナトといった中盤が怪我で離脱、層の薄さも相まって選手のやり繰りに苦労した感が。

最前線ではようやくドウグラスがスタメン復帰して昨季連携が良かった北川との2トップ復活だけど、そこにボールが行くまでの組み立てに難があるのかな?

最終ラインでは昨季のCBフレイレが抜けたものの、ブラジル1部リーグから鳴り物入りで獲得したヴァンデルソンが未だリーグ戦には出られない。それどころか先日のカップ戦ではスタメンだったのに後半途中で交代させられる始末。

CBフレイレの穴を若い立田に任せたけれど、ファンソッコとの連携はどうなんだろ?

さぁ踏ん張りどころには違い無い。

ピッチに立つ選手一人ひとりがエンブレムに誇りを持ってプレーして欲しい。

Jリーグはサッカーの世界で通用するクラブ育成のため、従来のクラブの平準化から差別化に舵を切っていて、賞金も明確に格差をつけている。だから兎に角J1に残留しなきゃ尻窄みになるばかり。

フォルツァ・エスパルス!

閲覧数76 カテゴリ日記 投稿日時2019/05/12 19:57
公開範囲外部公開
■プロフィール
FAIRY-TALEさん
[一言]
FORZA・S-PULSE!!
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み