■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=840759
2019年05月19日(日) 

 桜の咲くころ、天竜浜名湖鉄道(天浜線)の原谷駅を訪ねました。

 原谷駅は、旧二俣線時代からも存在する駅舎を備えた駅ですが、近年は乗降客も少なく駅員は常駐していないようです。

 

  駅舎正面。原谷駅の本屋は、国登録有形文化財を構成する一つとなっています。

 

  駅舎の内部。昔ながらの改札口が控えていました。

 

  ホーム側から見た駅舎の風景。

 

 

 その横では、地元の皆さんによる、花壇の整備も行われていました。

 

 次はプラットホームへ出て見ます。

  下りホームから。旧式信号機も見られました。

 

  桜の咲くプットホーム。(左側が下りホーム)

 

 その、下り線ホームには待合所にも電車の絵がが描かれていました。

 

  原谷駅に上り列車がやってきました。上り下りの交換駅なのでしばらく停車。

 

 原谷駅は、昭和10年3月に建設されています。

 建物内には、当初のベンチが存在し木製の改札口も現存、、屋根はスレートぶき。

 原谷駅は、当時の二俣線の開業時・最も早い昭和10年に開業した桜木駅と遠州森町駅の3ヶ所の一つと言われています。 

 


閲覧数51 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/05/19 10:47
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み