2019年06月15日(土) 
 無線WANを備えた携帯インターネット端末の入れ替えが、6月14日(金)未明に完了した。
 1枚目の写真、左2台が使用を終了した端末、右2台が現用中の端末である。

 2枚目の写真は使用を終了した端末。
 左は、日電LifeTouchNOTE。旧式のため、重く、感圧式タッチパネルである。しかし、キーボード一体型のため、余分なキーや不足のキーやキートップ表示と入力内容が異なるキーが無いのみならず、ATOKによる仮名漢字変換は快適であった。手前に写っているのは予備の電池。SIMフリー。
 右は、レノボYoga Tablet 8。キーボードが社外品の英語版のため、キートップ表示と入力内容が一致しない記号が多い。非使用時に表示パネルが剥き出しになるのと、キーボードが別体であるため、フェルトとベニヤ板による収納ケースを作った。容易に電池交換できない。SIMフリー。この端末の使用期間は長くなかった(前機種はNTTドコモdtab d-01G)。

 3枚目の写真は現用中の端末。
 左はNTTドコモ(シャープ)LYNX SH-10B。ほぼ新品だが旧式であり、従ってAndroidのバージョンが古いのだが、此のような手頃な大きさの新型の端末が見当たらない。キーボード一体型。エキサイトモバイルの200kbpsのSIMを入れたばかり。
 右は、NTTドコモ(サムスン)SC-03G。コンバーチブルであり、本体(8インチのタブレットパソコン)とキーボードはBluetoothで繋がっている。表示は液晶ではなくELのため、非常に綺麗な画面。キーボードは純正であり、キートップ表示と入力内容が異なるキーは無いが、キーボードからは「_」を入力できない様である。容易に電池交換できない。エキサイトモバイルのSIMからDTIの600kbpsのSIMに入れ替えたばかり。

閲覧数74 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/06/15 03:12
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ちゆきさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み