■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=841171
2019年06月24日(月) 

お墓の供花の話です。

 

今年の正月の供花を片付けた後は、香の葉(しきみ)をお供えしていました。

その香の葉はそのまま半年もちました。

春の彼岸にはその中に菊を2,3本足していただけです。

近くに栗畑が在るので農作業のついでに水だけは足してやっていました。

中の水は香の葉に浄化されるのかまったく腐りません。

古い葉が落ちると若葉が出てくるんです。

おまけに今年は一度もカラスに抜かれなかったです。

最近ちょっとお疲れ気味だったので、半年間ご苦労様という事で新しいものと取り替えました。

 

別にケチったわけではないんですよ!

元気だったのでいつまで続く挑戦してみたかっただけです。

まーちゃさんのシクラメンやバケツ稲の足元には及びませんが、男のロマン(大げさすぎる)ですかね?

 


閲覧数159 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2019/06/24 06:37
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/06/24 13:45
    この木は水を浄化する力があるのですね。
    それと水替えがよいですね。
    この頃は仏壇の花も持ちません。
    次項有
  • 2019/06/24 20:23
    鉛筆shinobiさん
    > みつちゃんさん
    私の地域では香の葉を供花に上げているお宅はまずいないです。
    ところが妻の実家の森町では殆どが香の葉なんです。
    所変われば・・・ですかね?
    でもこまめに水を上げてないお宅が多いので枯れてしまって可愛そうなお墓も在りました。
    次項有
  • 2019/06/24 16:37
    私の名前が出ているからには、何とかコメントしないといけませんね。こまったなぁ~

    大いに自慢していいことだと思います。農作業のついでと言っても水を切らさないようにお参りしたことはご先祖も自慢していると思います。
    おそらく この 香の葉、根が生えていたと思いますがどうでしたか? 水質も良く環境も良く時期も良かったと思います。床の間の香の葉に根が出たと聞いたこともあります。
    次項有
  • 2019/06/24 21:40
    鉛筆shinobiさん
    > まーちゃさん
    催促したようで申し訳ないです。
    何度も若葉が出たので根が出てもおかしくないと期待をかけていたのですが、ダメでした。

    環境が良いというのは確かです。
    真上に太い山桜があるので日陰になっています。
    次項有
  • 2019/06/25 03:08
    shinobiさん、むしの良い話ですがしきみの観察日記お願いできませんか?どのくらいもつのか興味あります。夏場は暑いので早く枯れてしまうのかも知れませんね。
    次項有
  • 2019/06/25 07:25
    鉛筆shinobiさん
    > ちょっとさん
    残念ながら新しいものと取り替えてしまいました。
    もし根が出ていたら植えてみようかと思っていましたが、新芽は出ても根が出てこないので交代させました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 06月24日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み