■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=842726
2019年11月12日(火) 

  今年もスズムシが8月中旬から10月中旬までの約2ヶ月間「リーン・リーン」と鳴き続けてくれましたが、その期も終わり、先週、来年の孵化に向け越年の作業をしました。

 

  10月中旬まで鳴いていた終盤の飼育箱の姿。

 

  エサ類を取り去ると、周辺には死骸も見られます。 

 さらに、飼育に必要だった炭や板を取り外しました。この表面を少し(1~2mm)そそぎ取り全体をきれいにします。

 

  その上に新しい川砂を2~3mm乗せ、水分を多めに含ませ来年の孵化の準備のでき上がりです。

 

 最後の作業は中の砂が乾燥しないようケース全体をビニールで覆い 完全密封としました。この時、隙間を作っておくと半年以上先には乾燥してしまいますので乾燥しないよう注意が必要です。

 

 

 ケースに蓋をして、作業経過のラベルを張り、冷暗所に来年6月上旬まで保管します。

 来年の孵化を期待して!

 

 今年元気に鳴いてくれたスズムシ(♂)。

 


閲覧数60 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/11/12 08:36
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/11/12 12:33
    私は10月の半ばころ行いました。新聞で上のふた部分を覆い紐で固定しましたがダメかな?様子を観てみます。
    次項有
  • 2019/11/12 21:29
    ちょっとさんへ
     新聞で蓋をした場合、中の砂が乾燥しないよう、時々中を開け、乾燥しないよう霧吹きなどで常時湿らす必要があります。
     現在も湿っているようであれば、乾燥しないようビニールで完全密封して保存することをお勧めします。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み