■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=843658
2020年02月15日(土) 
朝9時頃、少し欲しいものがあり行きました。
店内に入ると、2,3歳の子が父親にねだっていたが、かなえられなくて
大きな泣き声が聞こえてきました。
私は心の中でお父さんガンバレと声援してました。

私も長男が3歳の頃、そんな経験をしました。
恥ずかしいのもあり、与えようようか迷いましたが、頑張りました。
それからは、我慢することができました。

男の子もかなり頑張りましたが、声も小さくなった頃、父親に抱っこされて
いました。
つい40年余前の事ですが、昨日のように思い出されました。

主人がよく孫をみている時に、子供をダメにするのは簡単だ。
欲しいものを与えることだと言っていました。

閲覧数214 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2020/02/15 10:22
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/02/15 13:15
    shinobiさん
    その通りだと思います。

    特にじいちゃん、ばあちゃんは気をつけないといけないと思ってはいるのですが・・・・。
    実は今のところあまり欲しがらないので。
    次項有
  • 2020/02/16 14:57
    > shinobiさん ありがとうございます。

    この頃、この光景をみることが無かったです。

    娘の子にも厳しく接しましたが、大きくなってそんなことが
    うそのようです。小さい時の一時期ですね。

    じいじやばあばは甘くてもよいかもしれません。
    親がしっかりと躾ければよいですね。
    次項有
  • 2020/02/15 19:03

    私も、子供達には、良く我慢させました。
    祭りなどの屋台風景に出会うと、
    「もったいない」
    実は、そんなに買える経済状態ではなかった背景があるのでした。
    そんなほろ苦い思い出があり、

    孫たちと出かけると、何でも買ってやりたくなりますが、
    孫たちも遠慮して、私も我慢、
    たまに、買うとみんなで分ける・・・。
    程よい関係が出来ました。
    次項有
  • 2020/02/16 15:05
    > 隣のとろろ園さん ありがとうございます。

    ふと懐かしくなってしまいました。
    よくミニカーを買ってあげましたが、このくらいで止めなければ
    と思いました。

    自分達が我慢した分、買ってあげたい気持ちもありました。お陰で
    一度我慢させてからねだることも無くなりました。

    ゲームもかなり我慢させました。
    主人が小6の息子に初めて与えました。
    かなり友達に比べて遅かったですが、下の二人と使っていました。
    次項有
  • 2020/02/16 11:11
    私もその通りと思います。が、なかなか出来ない時代になりましたね。
    新聞のコラムに、 春、花を咲かせ良い実をつけるには冬の時期に厳しい寒さをくぐり抜けなければならない・・人間の世界にも使いたくなる言葉ではないだろうか」というのがありましたね、また、ノムさんの訃報には貧しい家に育った・つらい時期があったと報じられていますね。

    買い与えることは簡単ですが、我慢させるのは親が相当頑張らなくてはいけない。良いブログです。
    次項有
  • 2020/02/16 15:12
    > まーちゃさん ありがとうございます。

    まーちゃさんの文、子供だけでなく自分達にも当てはまっています。
    年に4回ミニ同級会をやってます。
    昨夜もあり、今になってこんなに良い時を過ごせるなんての話になり、若いからあの苦労はできたよねになりました。
    皆さん家族の中で頑張ってきました。
    だから、今があるの結論に達しました。

    時代の移り変わりでなかなか、若い人とのかかわりが難しくなりました。BSの「おしん」と重ねるところもありました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
みつちゃんさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 02月15日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み