■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=843663
2020年02月15日(土) 

今年のバレンタインギフトは一人からだけでした。

それは妻でも、娘でもなく長男の嫁からでした。

いつの間にか職場でも義理チョコ風習は消えました。

家族間でもお返しがそれ以上に掛かるという経済的な同情をしてくれて今は気持ちだけです。

 

私が若い頃はまったくそんな風習はありませんでした。

もっともチョコレートは進駐軍からもらう物でしたから、バレンタインデーがあったとしたら「はぜっこ」くらい?、甘い物と言えば「らくがん」それも滅多に手に入りませんでした。

 

最近はバレンタインチョコが以前のように販売されていませんね?)

自分で作ったり、他の物をあげたりで当初の菓子メーカーの魂胆は薄れた感じですね!


閲覧数159 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2020/02/15 19:41
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/02/15 22:51
    私の記憶では、1980年辺り、大流行でした。
    女性の多い職場だったので、帰りは紙袋を2つも
    持って帰りました。

    淡い期待もあって、嬉しいのですが、
    人と比べたり、倍返しが大変で、
    複雑でした。

    今は、付き合いもなく、薄れてきたので、
    ほっとしています。
    次項有
  • 2020/02/17 11:48
    鉛筆shinobiさん
    > 隣のとろろ園さん
    最近はあまりワイドショーなどでも騒ぎませんね!
    特にこの時期で無くていいし、チョコに特化しなくていいし、特に義理チョコは減りましたね!
    次項有
  • 2020/02/17 08:38
    ターコさん
    とろろ園さんが、おっしゃっる様に
    今から40年位前が大流行でしたね!
    亡夫も女性の多い職場だったので、もてる訳でもないですが大きな紙袋を2つも持って帰りました。

    「この中に一つ位、本命があると、いいなあ」と言っていた時の事を思い出しました。
    次項有
  • 2020/02/17 20:18
    鉛筆shinobiさん
    > ターコさん
    40年も前からですか?
    私が結婚した頃だと思いますがバレンタインの記憶は殆どないです。
    おそらく義理チョコでも私にはくれなかったかもしれません。
    あの頃はずいぶんつっぱていて今思うと嫌われていたんだろうな、と思います。

    いま思うと恥ずかしい時代がありました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み