■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=843983
2020年03月20日(金) 

 掛川市内を流れる2級河川太田川の支流巡りをしています。

 今回は支流№26の「掛川滝ノ谷川」(長さ1600m)を訪ねました。

 

  掛川滝ノ谷川は、掛川城西側の県道(39号)を北上し、西郷小学校を越した先で県道(81号)と交わる石畑交差点の北東角に倉真川から分かれる河口があります。

 

 右が倉真川。左へカーブするのが滝の谷川です。

 左カーブの先に小さな橋が見えますが。それが新高萩橋です。

 

 新高萩橋の上から見た右が川下側。左が川上側です。

 

 そこから300mほど先の山本橋へ向かいました。

 山本橋からの左が川上側。右が川下側。ともに護岸はコンクリートなどで整備されています。

 

 そこから500mほど川上に長間橋があります。

 

 最近整備された長間橋。(ながんま橋と言うそうです)

 

 まだ周辺は整備中で、左は川床に降りられる階段付き。右は旧橋の撤去等が整備中でした。

 

 この先300mほど上ると、起点標識があります。

 

 掛川滝ノ谷川の起点標識と川上側風景。

 

 こちらは振り返って川下側風景です。

 

 掛川滝ノ谷川は長さ1600mの小さな川ですが、ならここへ行く県道沿いを流れていますから、覗いてみてください。起点標識の近くには多貴神社があります。

 

※ 各画像はクリックで多少拡大します。

 

 

 

 

 

 

 


閲覧数51 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2020/03/20 08:57
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/03/21 06:52
    shinobiさん
    法泉寺の裏の滝は源流ではないのですか?
    次項有
  • 2020/03/21 15:54
    shinobiさんへ
    いつもご来訪ありがとうございます。
     お尋ねの件。法泉寺は滝ノ谷川の起点(前にもお話したことがあるとい思いますが、「起点」とは袋井土木事務所が管理する最上流の地点です)よりも川上にありますね。
     その起点は多貴神社よりも100m程川上で県道39号線の橋のたもとに起点標識が立っています。(添付画像の右のポールがそれです。)

     私も滝に行ったことがありますが法泉寺の滝は起点より川上で、滝に水が流れているということは、更にその川上に水の湧き出しているところがあろうかと思います。その地点が源流となりますが、そこまでは行ったことがありません。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み