■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=844009
2020年03月23日(月) 

 大相撲春場所(大阪場所)は、社会環境の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、無観客で開催されましたが、15日間力士への感染もなく無事場所が終わりました。

 八角理事長と相撲協会は開催に向け、実施か否かの決断に悩まされたことと思いますが、実施された勇気を相撲ファンとして称賛したいと思います。

 

 今場所は、横綱白鵬の44回目の優勝で落ち着きましたが、観客のいないTV放送を連日中入り後半をテレビ観戦しながら応援していましたが、その中でも各力士は存分に力を発揮していました。

 

 例によりまして、過去の春場所の優勝力士をたどってみたいと思います。

 

★ まず10年前、平成22(2010)年春場所。

  横綱・白鵬が13回目の優勝を15戦全勝で飾っています。

  この場所の横綱は白鵬ただ一人でした。

 

 

★ 20年前、平成12(2000)年の春場所。
  残念ながらデータ(星取表)が欠番となっていました。

 

★ 30前、平成2(1990)年の春場所。

  横綱・北勝海(八角理事長)が6回目の優勝を13勝2敗で飾っています。この時は同成績が、小錦と霧島を合わせ3人の巴戦を制していました。

  この場所の横綱は北勝海、千代の富士、大乃国の三人でした。

 

 

 

★ 40前、昭和55(1980)年の春場所。

  横綱・北の湖が18度目の優勝を13勝2敗で飾っています。

  この場所の横綱は北の湖、先代若乃花、輪島の三人でした。

 

 

◎ 来場所は、新型コロナウイルスの終息も祈り、観客の前での大相撲を期待したいと思います。

 

  また、明後日(3/25)には、新大関誕生の発表を期待したいと思います。


閲覧数155 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2020/03/23 08:59
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/03/23 21:19
    minonさん
    今場所、貴景勝が元気がなかったのが、さみしかったです。
    次項有
  • 2020/03/23 22:15
    minonさんへ
    今場所はどこかわるいとこでもあったのか?
    あのパワーなら来場所は大活躍することでしょう。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 03月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み