■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=844726
2020年05月28日(木) 

 峠を過ぎたビオラですが、ここ数日前まではまだ花をつけていましたが、本日までに完全に征服されました。

 と、いうのも、ツマグロヒョウモン(蝶)の幼虫(芋虫)に食べられてしまいました。

 

 茎だけになったビオラ。

 

 ツマグロヒョウモンはこの時期、ビオラやパンジーの花茎を食し、やがて蛹となり羽化かして蝶となって飛び回ります。

 

 数日前までは黄色の花が見られましたが、十数匹の幼虫がビオラの花茎をむさぼります。

 

 二日ほどで花が消え、葉もほとんどなくなってきました。

 

 昆虫が減ってきたという最近の世の中。あえて幼虫を取り去ることはしないで、幼虫にビオラを提供したことになります。

 

 プランターには三苗が植え付けていましたが他の花も同様です。

 他のビオラにも数匹が群れています。

 

最盛期には、

 プランターいっぱいに花が咲いていましたが、

 

 数日前に気が付いた時にはこの状態。多少花も残っていました。

 

 そして本日。花としては無残な状態ですが・・・。

 

 数週間後にはツマグロヒョウモンが近くを飛びまわることを期待しています。

 

 ツマグロヒョウモン蝶。左がオス(♂)、右がメス(♀)です。(昨年撮影)


閲覧数112 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2020/05/28 18:59
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/05/28 19:56
    shinobiさん
    これは気をつけないといけないですね!
    わが家はミノムシがすごいです。

    殆どがもみじの葉ですが、昨年は気がついたら丸坊主になっていたので今年は見つけ次第潰しています。
    次項有
  • 2020/05/28 20:48
    shinobiさんへ

     毎年ビオラ・パンジーは、ツマグロヒョウモンのために育てている感じとなりました。
     今年も元気な姿を拝見したいです。
    次項有
  • 2020/05/29 06:08
    10年以上も前のことでしょうか、新座市の自宅でホトトギスが好きで小さな庭に何種か鉢であった頃、何かの幼虫が10っ匹位ついてました。そのグロテスクな容態とホトトギスが可哀そうと思う気から咄嗟に取り出し、コンクリートの上でつぶさに抹殺してしまった。其の後で『ルリタテハ』の幼虫だと知りましたがこの蝶も好きだったので皆殺ししてよかったのか・・・という事を思い出させていただきました。感謝です。
    次項有
  • 2020/05/29 16:37
    minonさん
    我が家はブロッコリーを完全にやられました。なんの蝶かわかりませんが、最近ヒラヒラしているので、この子達かぁ~と思っているところです。セロリやニラにはほとんど来ないです。
    次項有
  • 2020/05/29 20:36
    竹と利平さんへ
     ご来訪ありがとうございます。
     ルリタテハの幼虫と出会ったとのこと。幸運とともに、その時の状況が浮かんできます。わかっていれば今回と同様に成長を見守ったことと思います。
     ルリタテハは、掛川でも毎年目にしますが、個体数も少なく、動きも素早くてなかなか画像に収まりません。(昨年も一度だけ飛来を確認していますが)
     2004年に我が家で撮影した画像がありましたので、皆さんへの参考として添付します。
     情報をありがとうございました。
    次項有
  • 2020/05/29 20:46
    minonさんへ
     ご来訪と情報をありがとうございます。
     野菜を作ると、鳥や蝶に被害を被ることが多々ありますね。

     ブロッコリーも大きくなるとヒヨドリの好物で被害にあいます。小さいうちは、キチョウやモンシロチョウが卵を産み付けますのでこちらも難敵です。

     ツマグロヒョウモンはビオラ・パンジー以外には卵を産み付けませんので、ブロッコリーにつく緑色の小さな芋虫を面倒でも退治することが必要ですね。

     次の機会にはぜひブロッコリーの成長姿を見せてください。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
趣味遊友さん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み