2020年08月02日(日) 

 

 

>358940 コロナ後の世界地図、中ロVS西側諸国  >ぴぴ         20/08/02 PM00   >以下、「世界のニュース トトメス5世」 リンク より

>* * * * * * * * * * * * *

>2020年07月29日06:37  >コロナ後の世界地図、中ロVS西側諸国

>●中国をめぐる対立が激化

> 2020年は新型コロナウイルスによって様々な分断が起き、欧米や日本では国内の対立が鮮明になった。 > 各国間でも利害が対立し、特に中国とアメリカは関税や貿易を超えて価値観や民主主義の違いがはっきりしてきた。 

 

中国には個人主義がないから民主主義もない。  

 

> 1970年代のニクソン訪中からアメリカは「中国は例外」という態度を取り甘く対処してきた。 > 今は共産主義国だが経済成長すれば民主主義に近づくというような、甘い夢を持っていた。  

 

アメリカ人は未来社会に関する建設的な夢を持っていますからね。彼らは勉強不足で挫折することも多い。  

 

>だが中国はGDP世界2位になっても依然と変わらず、より一層閉鎖的で強固な態度を取っている。

 

そうですね。中国は伝統的な覇者の国ですからね。政権が変わっても中国人の中華思想は変わらない。中国人は外国人の考えを取り入れるのが下手ですね。

漢人 (中国人) は、自分たちの考えを表すために漢字を発明した。しかし、彼らは外国人の考えを表すための漢字は作らなかった。だから、漢文により中国人が外国人の考えを知るのは難しい。  

 

>コロナウイルスは中国の武漢で発生したが、今もそれを認めず「アメリカが撒いた」などと言っています。 >WHOを使って被害者になろうとしたり、欧米諸国の対中感情はかなり悪化しました。 > 5月には香港に中国国内法適用を開始し、欧米は人権問題として容認しない姿勢を見せている。 

 

中国人に人権は無いでしょうね。 天安門事件を見れば中国政府の頭の中がわかりますね。 ‘力が (彼らの) 正義です’ ね。  

 

>すると中国はより一層強硬な態度を取り、周辺諸国を取り込んだり軍事力増強に励んでいる。  

 

そうですね。中国は世界の中心ですからね。他国のような周辺諸国ではない。  

 

>●西側諸国は結束できるか

>西側諸国は中国が驚異の経済成長をしている間、金のためなら何でも見逃すような態度を取ってきました。  

 

共産主義者が金持ちになったらどのようになるかは誰にもわからなかったですね。  

 

> 英仏独の首相は頻繁に北京を訪問して褒め称え、中国からの投資や中国の輸入を懇願していた。  

 

これもひとえに金の為ですね。  

 

>これが中国に勘違いを起こさせたのは確実で、「我が国は何をやっても良い」というような考えに至った。  

 

世界各国の称賛により中国人は伝統的な中華思想に自信を得ましたね。漢字の国は変わりませんね。  

 

> 恥ずかしい事だが日本も一役買っていて、安倍首相は今も習近平国賓来日を実現させようとしている。  

 

‘和を以て貴しとなす’ ということですか。これも ‘バカの一つ覚え’ ですね。 

日本人には意思がない。意思は未来時制の文章内容であるが、日本語の文法には時制というものがないので、日本人には意思がない。

意思のあるところに方法 (仕方) がある。日本人には意思がない。仕方がないので無為無策でいる。優柔不断・意志薄弱に見える。生きる力が不足している。困った時には ‘他力本願・神頼み’ の消極的人生になる。

 ' やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かず' 山本五十六 (やまもと いそろく)    

 

>だが安倍首相が尻尾を振れば振るほど中国は日本を見下し、連日尖閣諸島沖で威嚇を繰り返している。  

 

そうですね。それが礼儀作法 (序列作法) というものです。 

 

>コロナウイルスは自由で民主的な国ほど感染拡大し、その逆の国ほど感染が少なかった。 > 中国やロシアのような国は西側諸国に比べて打撃が少なく、比較すると利益を得たかもしれない。 

 

そうですね。不自由を常と思えば不足なし’ ということでしょう。  

 

>だが西側諸国は警戒を強め、一時疎遠になったアメリカと欧州は再び接近している。 > 世界は中ロを中心とした東側と、欧米を中心とした西側に別れ、コロナ以前より対立的な関係になるでしょう。 

 

そうですね。’東は東、西は西’ になるでしょうね。  

自己の意思を表せば当事者・関係者になる。表さなければ傍観者にとどまる。日本人は意思が無いので常に傍観者になっていて、孤高の人になっている。孤立無援になりやすい。わが国は世界の中にあって、世界に属していない。日本は、世界一の平和国家なのでしょうかね。

 

> (以上) 

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 


閲覧数37 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2020/08/02 15:22
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
シンちゃんさん
[一言]
明るい未来社会を築こう
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=845612