2021年01月17日(日) 

 

>363674          日本がワクチン開発に遅れた理由

>沙茂 ( 56 会社員 )      21/01/17 AM02 【印刷用へ】

>アメリカを始めとするコロナウィルスのワクチンが、次々と開発されており、各国の開発競争が激化している。 

 

製薬会社には大きな金儲けの時が到来しそうですね。

 

>日本もようやく数社でワクチン開発の目途が経っては来ているが、先進国の中でも屈指の科学技術力を持っている日本が何故にこれほどまでに遅れているのか。 

 

我が国の政治家には、先見の明が無かったのでしょうね。   

 

>数量政策学者で内閣官房参与の高橋洋一氏がラジオでこのことについて述べている。

>高橋)「なぜ日本がワクチン開発に遅れたのか」という質問をいろいろなところで受けます。 

 

それは誰もが疑問に思う事柄ですね。   

 

>本当の答えを言うとみんな嫌がるのでしょうが、それは「基礎研究が軍事に関係するから」ということです。 >ABC兵器と言って、アトミック・バイオロジカル・ケミカルでしょう。 >バイオロジカルのなかでも、ワクチンは防備するには最高の手段です。>軍隊のなかに感染症が増えたとき、早く対処しなくてはなりませんから。  

 

そうでしょうね。病気が流行れば、戦闘は下火になりますからね。      

 

>高橋)今回、革命と言われていますが、各国、いろいろなタイプのワクチンがあるわけです。 >それは、「いろいろなタイプのワクチンが安全でかつ速く開発できる」という軍事研究があったからできるのです。 

 

ワクチンは正に革命的な軍事研究ですね。  

 

>日本でも「軍事研究はダメだ」と言っている人が「ワクチンはどうした」と、同じことを同じ人が言うから驚きますよね。>「それは違うでしょう」と思いますけれど。

 

軍事研究は軍事に関する科学研究でしょう。科学研究の有用性は信頼に足るものですね。   

 

>ある程度は軍事研究をやらないと、こういうことはできないのです。 

 

そうでしょうね。軍事研究の成果を世界平和の為に利用出来たら、大きな利益を上げることができますね。  

 

>原発のときも同じでしたね。>制御というのは、軍事研究からかなり来るから。 

 

軍事研究も科学的ですからね。  

 

>こういうときに国力の差のようなものが出るのですよ。

 

そうですね。予防薬も無く、治療薬も無く、ただの精神主義でcovid-19との戦いに打ち勝つことは難しいでしょうね。この道はいつか来た道ですね。   

 '敗因について一言いはしてくれ。我が国人が あまりの皇国を信じ過ぎて 英米をあなどつたことである。我が軍人は 精神に重きをおきすぎて 科学を忘れたことである'  (昭和天皇)     

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 


閲覧数99 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2021/01/17 21:43
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
シンちゃんさん
[一言]
明るい未来社会を築こう
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=847602