■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=849812
2021年08月28日(土) 

こちらがお世話になっているのに毎年、新米を届けてくれる親切なOさんが、長雨で昨年より1週間遅れで今朝、ご夫婦で来てくれました。本当にうれしいことですありがとうございます。

 

今年のバケツ稲はOさんが田んぼに植えた苗箱から分けて貰った2本ですので、刈る日を聞いて同じ日(23日)に切り取りました。

 

もうヒコバエがこんなに伸びています。右は5年生の孫が学校からもらって来たモミを蒔いたものです今穂が出そろって花が咲いています。左は、菊川田んぼアートの穂を一昨年もらった古代米の雑種ですまだ穂も出ていません。(バケツ栽培の俺の楽しみはまだまだ続きます)

 


閲覧数88 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2021/08/28 14:18
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/08/28 15:49
    新米嬉しいですね。
    私も少しですが,いただきました。
    まだ、炊いてはいませんが、楽しみです。

    お孫さんの稲とひこばえの出来が楽しみですね。
    秋の刈り入れの後のひこばえ、いつも気になります。
    子供の頃は、稲刈りも遅かったので気にも留めませんでした。
    次項有
  • 2021/08/28 19:55
    みつちゃんさん
    ありがとうございます。

    昭和の時代は、稲刈りは10月に入ってからでしたからヒコバエは伸びませんでした。その頃、新米を食べ始めるのはお正月になってからだったでしょうね。
    お米の貯蔵も貯穀器に入れて置いただけだったので、夏を越すとコクゾウ虫がついたりして食味は極端に悪くなっていたので、新米に代わるとすごく美味しく感じましたね。今は低温貯蔵で古米も味が落ちていないので、新米の美味しさを感じることが出来ません。
    それでも気持ちが嬉しいです。早速今晩 食しました、旨かったです。
    次項有
  • 2021/08/28 22:10
    ターコさん
    昔は新米が待ち遠しかったですよね~!

    新米の炊ける匂い
    日本に生まれて良かったと
    思ったものです。

    今は一年中、美味しく戴けて
    本当に有難いですね~(^-^)/
    次項有
  • 2021/08/29 09:45
    ターコさん
    ありがとうございます。


    かまど(へっつい)で、マキを燃やして炊いたご飯は美味しいのは今考えても納得できますね。
    今は、寝ぼけて起きても美味しいご飯が炊けている。炊飯器は進化して味が良くなったのに消費量は減っている。田んぼも畑も耕作放棄地が増える!あ~ァ・・・
    次項有
  • 2021/08/28 22:23
    日本人は、やはりお米、
    新米は、気持ちも新たになりますね。
    私は来週になります。
    次項有
  • 2021/08/29 09:57
    隣のとろろ園さん
    ありがとうございます。

    パン食もいいが、やはりお米も大切ですね。
    米 余りで早期栽培の必要はないですから、文字通りの収穫の秋に戻したい気持ちです。そんな気がしませんか?
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
まーちゃさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 08月28日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み