災害コミュニティの「今更ですが、令和3年7月29日(木)朝の大雨の記録」
「今更ですが、令和3年7月29日(木)朝の大雨の記録」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今更ですが、令和3年7月29日(木)朝の大雨の記録
【閲覧数】138
2021年07月30日 02:26
 今更ですが、後世に残すため、投稿します。

 実は1時半ごろの大雨には気づいたのですが、明け方の雨は白河夜船で気づきませんでした(起きたらよく晴れてました)。テレビのニュースで菊川で110mm降ったと言ってましたし、我が家の“主が居なくなった鶏小屋”にも浸水してました。
 で、記録を調べると、山のような気象警報が届いてました。最寄りアメダス(菊川牧之原)では、4~5時に72mm、5~6時に34.5mmも降っており、4時以前はゼロ、6時以降は時間0.5mmでした。委細は省きますが、0400~0540に、短時間に集中して災害級の雨が降ったようです。
 警報から個別に抜粋すると、0520の時間雨量、掛川市・粟が岳52mm、菊川市・牧之原82mm。0540の時間雨量、掛川市・掛川62mm、菊川市・牧之原81mm。
 こんな短時間の降水でも河川の水位は上がり、0600上屋敷351cm氾濫注意水位、0640細田450cm氾濫注意水位。
 危ういところでした。自然の力は恐ろしいですね(人間による自然破壊の、しっぺ返し)。
 尚、1時半ごろの雨は何処にも記録がなく、当地(伊達方)に局地的なものだったと思われます。

返信書き込みはありません。