■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/?key=54319&year=2021&month=8
■2021年8月の書き込み
書き込み数は3件です。
2021年08月24日(火) 
ソフトパック電池には通常3つのシールエッジがあります。シール効果はバッテリーの安全性と寿命に直接影響します。一度オーバーシールまたはアンダーシールされると、品質が低下しやすくなります。したがって、リチウム電池メーカーは厚さを厳密に管理します。リチウム電池の品質と安全性の向上を監視し、焦点を当てます。ソフトパックバッテリーのシールエッジの厚さを測定するにはどうすればよいですか?

深セン大成精密機器株式会社のオフラインレーザー厚さ計を使用して、ソフトパックバッテリーのシールエッジの厚さを測定できます。この装置は通常、リチウム電池のポ

閲覧数52 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2021/08/24 15:35
公開範囲外部公開
2021年08月13日(金) 
産業用加工におけるファイバーレーザーの適用範囲が拡大し続けるにつれて、高出力ファイバーレーザーの需要も高まっています。高出力レーザーアプリケーションでは、熱レンズ効果など、レーザー処理の安定性に影響を与える一連の新しい問題が発生します。

1.熱レンズ効果とは何ですか

光学部品の品質の悪さ、汚れ、損傷などにより、レーザーの吸収率が高くなります。光学部品にレーザービームを長時間照射すると、温度が上昇して熱変形が起こり、熱変形が起こります。透過光学部品の屈折率と屈折率を発生させます。反射光学素子の反射方向が変化します。熱レンズ効果は、

閲覧数52 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2021/08/13 17:04
公開範囲外部公開
2021年08月06日(金) 
レーザーはんだ付け機を使用する過程で、いくつかの悪い問題が発生することがあります。これらの問題には、主に、これらのはんだ付けのはんだ接合の精度の低さ、誤ったはんだ付け、連続はんだ付け、はんだの蓄積、鋭利化、はんだの欠落などが含まれます。問題。これらの問題には、デバッグ自体以外にいくつかの外部要因がありますが、これらの問題をどのように解決できますか?以下で詳しく説明しましょう。



1)自動レーザーはんだ付け機のはんだ付け工程でのはんだ不良の問題:はんだ付け不良とは、一般に、自動レーザーはんだ付け機の溶接工程でパッドにスズがないと

閲覧数113 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2021/08/06 15:10
公開範囲外部公開
■プロフィール
陽輝レーザーさん
[一言]
陽輝レーザーポインター通販サイト https://www.htrlaser.com/