■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=848804
2021年05月13日(木) 

最近改めて感じたのですが、古くから続いているお宅の屋敷には必ずキンカンの木が植えられています。

我が家の周辺だけでも軒並みです。

(S宅)

(K宅)

(H宅)

(S宅)

(T宅)

 

おいしいキンカンだと冬の終わり頃にヒヨドリが食ってしまいますが、全然甘さがないので鳥もそっぽを向くくらいです。

 

私の家にも有りました。

子どもの頃の思い出があります。

風邪を引くとこのキンカンを薬缶でコトコト煮て、少し甘み(サッカリンかな)を加えてその汁を飲ませてくれました。

 

みんなそんなことしていたのかな?

その木をずっと残してあるお宅は大した物だと思います。

我が家は家を新築するときに切ってしまいました。


閲覧数166 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2021/05/13 07:58
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/05/13 08:12
    キンカンの画像ありがとうございました。
    車で移動中もしばしば目に入ってきますね。

    そして本日の主題。
    今日はShinobiさんの110歳の誕生日ですね。
    おめでとうございます。

    これからの楽しい話題の投稿を頑張ってください。
    次項有
  • 2021/05/13 20:24
    鉛筆shinobiさん
    > 趣味遊友さん
    ありがとうございます。

    永禄三年生まれという設定ですがいいじゃんではそこまで遡れないので110歳になってしまいます。

    これからもよろしくお願いします。
    次項有
  • 2021/05/13 10:30
    shinobiさん、誕生日おめでとうございます。小さい頃風邪の予防に良いと冬金柑を食べてました。我が家にも鉢植えの金柑ありますが3年経ってもまだ実をつけません。甘い金柑を作りたいのだがまだまだ時間がかかりそうです。
    次項有
  • 2021/05/13 20:27
    鉛筆shinobiさん
    > ちょっとさん
    ありがとうございます。
    甘くないキンカンというのが私はミソだと思います。
    もし甘いと鳥さんはもちろん子どもたちの餌食になってしまいますからね!

    いまでは種なしキンカンや大粒で甘い早生キンカンの苗木が売られています。
    次項有
  • 2021/05/13 15:35
    ちゆきさん
     こんにちは。
     私も風邪薬として植えてたと聞いてました。金柑のない家のほうが珍しかったと。
     我が家のは、昔に枯れてしまったと聞きます。
    次項有
  • 2021/05/13 20:30
    鉛筆shinobiさん
    > ちゆきさん
    どこの地域でもそうだったのでしょうね!
    医者もそれほど近くになく、お金もなかったから便りにしたんでしょうね!

    センブリやドクダミなんかも家で煎じていたように思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み