■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=850695
2021年12月07日(火) 

ここはその昔「本丸門」があった場所です。

実は写真左側の石垣の中央部分が数年前から孕んで来まして、危険な状態になっています。

来年度には工事を行うようですが、工事迄に崩れると行けないので暫定通路を造っています。

 

もっと簡単な工事と思っていましたが、かなり大がかりです。

この左側の鉄骨の中が通路になるようです。

 

掛川城は来期天守閣の大規模な補修工事がおこなわれます。

もう30年になりますからね!

特に最上階外側の廻り縁が腐ってきているので、今年のすす払いも外に出られません。

 

工事は全体で約9ヶ月間と聞いていますので、その間は天守に上がれません。

残念です。

 

 


閲覧数552 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2021/12/07 08:56
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/12/07 15:47
    天守の工事はだいぶかかるのですね・
    この間観光客も減るかもしれませんね。
    次項有
  • 2021/12/07 21:36
    鉛筆shinobiさん
    > 趣味遊友さん
    入館できないと言うことはそうなるんでしょうね!
    私たちはその間どうなるんでしょう?
    次項有
  • 2021/12/07 16:36
    孕石見に行ってみたいです。丹間の方には孕石神社?があってそこから小石を持ってくると子供が授かり、授かると石を返すという神社?があったと思います。
    次項有
  • 2021/12/07 21:40
    鉛筆shinobiさん
    > ちょっとさん
    孕石はかなり出っ張っています。
    丹間の孕石はどう言う由来かどうか知りませんが、今川の武将の孕石氏と関係があるとか聞いたことがあります。

    この小石の話しは南部の晴明塚の伝説とよく似たところがありますね!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み