■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=850702
2021年12月07日(火) 

若い頃?いも汁大好き人間だった孫の紗帆、昨年からお手伝いもしてくれなくなりました。

いも汁が嫌いになったのかと思って聞いてみると「大好きだけで食べられない」という事でした。

実は食べたあとに口の周りが真っ赤に腫れてかゆくなるんだそうです。

 

それは残念なことですが、年を経る事によって直ってくると思います。

そんなアレルギーになるなんて思ってもみなくてとても残念に思いました。

 

この自然薯、岩山で採れたモノです。

擦るのにも堅くて腕が痛くなるほどでした。

 

今までで一番のコリコリ芋で、まるでつきたてのお餅のようです。

これは筍や栗が化けたモノで、同級生からのお返しでした。


閲覧数956 カテゴリ日記 コメント10 投稿日時2021/12/07 21:32
公開範囲外部公開
コメント(10)
時系列表示返信表示日付順
  • 2021/12/07 22:46
    ちゆきさん
     こんばんは。
     其れは実に惜しいですねぇ。
     普通はある程度は痒くなりますが、真っ赤に腫れるとなると尋常でなく。
    次項有
  • 2021/12/08 09:13
    鉛筆shinobiさん
    > ちゆきさん
    私も食べなくなった理由を昨日聞いてびっくりしました。
    いつか直ってくれることを願っています。
    次項有
  • 2021/12/08 11:16
    岩山で採れた自然薯は、畑等で採れたものと違って粘りが強く、味もその分抜群ですね。
    もう一昔前、気賀の叔父の山(そこは岩の多い山でした。)で、石の間を縫うようにまがって伸びる自然薯を苦労して掘ったことがあります。量は少なくても粘りが強いので芋汁にするとたくさんの量とおいしく味わえました。
    次項有
  • 2021/12/08 21:08
    鉛筆shinobiさん
    > 趣味遊友さん
    私は生粋の自然薯の土の香りが大好きです。
    育った場所によって独特の香りがします。

    苦労して掘ってくれる友人(同級生)、今後いつまで続けることが出来るのでしょう。
    次項有
  • 2021/12/08 12:07
    折角作ったのにお孫さん食べられず残念でしたね。こういう人いますね。私も口の周り痒くなること有ります。兄はやはり同じようで未だにいも汁食べれません。
    次項有
  • 2021/12/08 21:09
    鉛筆shinobiさん
    > ちょっとさん
    孫のように「好きだけど食べられない」というのが、とても可哀想でなりません。
    次項有
  • 2021/12/08 18:40
    料理する時にかゆくなり大変でした。
    里芋も同じくでしたが、歳をとったらかゆみがなくなりました。

    あんなに好きだったのに、可愛そうですね。
    次項有
  • 2021/12/08 21:12
    鉛筆shinobiさん
    > みつちゃんさん
    指を酢に漬けるとかゆみが薄れると聞きました。
    唇だとそうはいきませんけど、いつか直ってくれることを願っています。
    次項有
  • 2021/12/08 20:34
    じいじの、冬一番のイベントだったのに残念でした。
    それに代わるもの考えなくっちゃ・・・。

    落ち葉で焼き芋大会、
    餅つき大会などいかがでしょう。
    次項有
  • 2021/12/08 21:15
    鉛筆shinobiさん
    > 隣のとろろ園さん
    そうなんです。
    家の中の共同作業でしたからね!

    餅つき大会はママの実家で年末恒例行事になっているので、焼き芋ですかね!
    火起こしから教えないとね!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 12月07日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み