■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=820541
2015年10月24日(土) 

今日の掛川城は遠方からのお客様、団体旅行、そして外人さん達で賑わいました。
さすが観光シーズン、稼ぎ時です!



朝一で掛川城の写真を撮っていたらほのかな香りを感じました。
ふと見上げると柊(ヒイラギ)が開花していました。



どんな香り?かというと・・・キンモクセイより重厚な甘い香りなんです。
その葉っぱを見るとヒイラギ独特のトゲがありません。
人間と同じで「歳をとると丸くなる」と言われています。
私としてはちょっと“こそばい”感じです。



さて明日から掛川城三の丸広場にて「菊花展」が開催されます
きょうはその準備として掛川城スタッフ総出で出品者のお宅からご自慢の花を会場に運んで来ました。
明日からは花の販売も行われるようです。



そして二の丸御殿では“結婚式”が予定されていて午後から担当業者がその準備をしていました。


閲覧数1,827 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2015/10/24 22:31
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2015/10/25 05:10
    柊の香りがあるとは知りませんでした。
    御殿での結婚式増えているんですか?
    次項有
  • 2015/10/25 12:23
    鉛筆shinobiさん
    ちょっとさん

    古い樹なので風向きによっては匂わないかもしれませんが、三日月堀の坂を上がる途中の柊の匂いは感じると思います。

    御殿での結婚式は確かに増えています。
    ただし、披露宴は別の場所です。
    (重要文化財の中で酒宴は出来ません=飲酒禁止の表示がしてありますが・・・)
    次項有
  • 2015/10/26 18:20
    ヒイラギの花は見たことがありません。
    家にも大きなヒイラギの木があります。
    下の方はギザギザがありますが、上の方はまるいです。
    そうですね。私も同じ気持ちです。

    もう、菊花展の時期になりましたね。
    よくもあんなに素晴らしく作れるかと思います。
    次項有
  • 2015/10/26 18:59
    柊は魔除けになるというので、家の前に植えてあります。

    かれこれ三十年になりますが、
    香り、気がつきませんでした。

    柊の横にはキンモクセイの木があって、その香りに影がかすんだのかも、
    良く、観察して見ます。
    次項有
  • 2015/10/26 19:42
    鉛筆shinobiさん
    みつちゃんさん

    掛川城には2本の柊の大木があります。
    御殿の裏側の柊は花は咲くのですが香りは殆どありません。
    でも葉っぱは丸くて横っちょに新しく出た枝の葉はトゲがあります。

    (御殿の裏の柊は忍者が隠れて入れるくらい太いです)

    修行を積んでから丸くなるんでしょうね!

    強い香りがあるのは三日月堀の横の柊です。
    次項有
  • 2015/10/26 19:58
    鉛筆shinobiさん
    隣のとろろ園さん

    現在の私の自宅にも表鬼門は「南天」裏鬼門として「柊」が植えてあります。

    掛川城御殿はちょうど表鬼門と裏鬼門の方角ともに柊が植えてあります。
    花が咲くからには実がなると思うのですが、どんな実なのかは確認していません。

    お客様の話によると、柊の花は本来「いい香り」がするらしいです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み