■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=821553
2015年10月28日(水) 

若い頃、クレージーキャッツの歌で「いろいろ節」というのがありましたが、本当にバラエティーに富んだ一日でした。



まず今日から3日間、掛川東中学校2年生の職場体験が始まりました。
2年生5名は珍しく男子ばかりでした。
朝一番は開門準備から庭掃除、そして日中は接客、夕方は閉門作業まで学校ではあり得ない仕事を快くやってくれました。



今日は学校からの掛川城見学は2組でした。
特別支援学級の生徒さん達は大人並みにマナーもきちんと守ってくれたので感心しました。
入り口で簡単に説明して欲しいと言われたので10分ほどガイドをしました。

次は市内のS小学校ですが「最悪」でした。
外から走ってきたので、入り口で「走らない、大声を出さない」と注意をしましたが全く無視で大騒ぎ、他のお客様もいるのに御殿の部屋では寝転んで大声を出していました。



最初のグループの先生は引率して来ましたが全く注意しませんでした。
次のグループは先生が一緒に来なかったので更に“やりたい放題”でした。
そこでついに一般のお客様から「あれはどういうことだ!」と叱られてしまいました。
子供だからと大目に見てくれるお客様もいましたが、これほど苦情を受けたことは一度もありませんでした。
私はどう見ても先生の指導が悪いと思ったので先生を見つけて注意しました。
そうしたら外で先生に注意されたあと、その先生に引率され神妙に再入館して来ました。

私は先生自体がこの行事の意味を理解していないのではないかと思いました。
年間行事として「とにかくやればいい」と思っているだけと感じました。
低学年には歴史教育云々よりもまずは公共の場所でのマナーを勉強させるべきだと思います。
先生がこういう事が苦手なら「忍者ガイド」または「猫の手のガイド」に引率を依頼すべきだと思いました。
全てのお客様に不快感を与え、職員たちも困惑したこの小学校は恥ずかしながら私の母校でした
(残念!)



午後はドクターイエローが通過しました。
職場体験の生徒と一緒にお客様も「はじめて見た」と言って感動してくださいました。
海外からのお客様もありました。
日本文化に興味があって来城されたオーストラリアのご夫婦二組です。



最後は「美男美女」の話題です。
結婚式の前撮りでご家族、友人たちと一緒に訪れたカップルはさわやかな美男美女でした。



おめでとうございます!


閲覧数1,823 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2015/10/28 23:13
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2015/10/29 00:10
    edaさん
    時の記念日のときも幼稚園の子どもがはしゃぎすぎて、打ち掛けのまえで
    写真を写そうと思いましたが、なかなか前を横切って写しにくかったです。
    以前ヤマハ勤務時代に浜松の和光寮にお正月前に慰問に行きましたが、
    確りと躾けられていて、2歳に満たないお子さんも、お食事の前に
    手を合わせていた姿が印象的でした。私自身も明治生まれの祖父母の
    躾けが厳しかったので、人様の迷惑のかかることは出来ませんでした。
    現在の子どもは、電車の座席に平気で土足で上がったり、回転寿司の待合場所の
    窓枠に足をかけたり、テーブル席の下を這ったりしてもお母さんは、
    平気な顔をしていて注意をしません。
    不潔なので、休日を避けてなるべく平日に行っております。

    次項有
  • 2015/10/29 08:37
    鉛筆shinobiさん
    edaさん

    本来は家庭でしつけるのが当然だと思います。
    でも学校の行事で公共施設を見学に来る時には引率の先生が付き添って注意すべきだと思うのです。

    最初のグループは先生が引率して来ましたが、騒いでも注意しませんでした。
    次のグループは先生が外で待っていただけなんです。

    他の学校だと事前にみんなを並ばせて入館前に注意事項を話し、入り口で「よろしくお願いします」と言って入ってきます。
    帰り際もみんなで並んで「ありがとうございます」と言って出て行きます。

    このS小学校は最初のグループの引率も何も言わないで入館して、出て行く時もバラバラで出て行ってしまいました。
    「人数確認しないのかな?」と思っていたら案の定「一人足りない」と言ってリーダーの生徒が探しに来ました。
    こんな無責任な先生ははじめてで他の同僚も驚いていました。

    わが母校はこんなものなのかな?
    以前来てくれた市内の「中小学校」を見習ってもらいたいです。
    入館前に整列「よろしくお願いします」と挨拶し、靴はきちんと揃えておいてあるのを先生が確認し、そして先生を先頭に静かに見学してくれました。
    帰りがけも全員整列しリーダーの音頭で「ありがとうございました」と言って出て行きました。

    こういうマナーを学ばせるのが行事の趣旨だと思います。
    ガイドが付いていなければ低学年はお城なんて分からないですからね!
    それはそれで仕方ないと思うのです。

    次項有
  • 2015/10/29 10:00
    家庭での躾も祖父母のある家庭で育った子と核家族で育ったこの
    違いもあるかもしれませんね。
    多分、両親自体躾されてないかもしれません。

    よく事件があると、学校のせいにするが、家庭で躾さえしっかりできていれば
    こんなことはおこらないと主人が愚痴ります。

    小規模の学校ほどきちんとしているかもしれません。
    学年が違っても先生が子供たちを把握しています。
    次項有
  • 2015/10/29 12:39
    鉛筆shinobiさん
    みつちゃんさん

    コメントありがとうございます。

    生徒の中の何人かがいわゆる「やさぐれて」先生の言うことを聞かないケースも時々あります。
    忍者ガイドを依頼されていてもわざと聴かない振りをしています。
    それはその家庭のしつけだと思いますが、今回は全員ですからあきれてしまいました。
    先生の責任はあると思います。
    次項有
  • 2015/10/30 09:43
    ご苦労さまでした。
    叱るのも、勇気とパワーが要るものです。

    子供達は未来の宝

    この様な指摘を受けて、
    多くの方が改める輪が広がってほしいものです。
    次項有
  • 2015/10/30 10:25
    鉛筆shinobiさん
    隣のとろろ園さん

    ほんとうはこんな母校の恥は日記に載せたくなかったのですが、関係者がもしかしたら気づいて改めてもらえるかな?と思った次第です。

    その点、和田岡小学校はお行儀が良かったです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 10月28日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み