■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=828683
2016年09月05日(月) 

 車いす生活になって12年を過ぎました。あまり外出はしないが、タイヤが減ったりシートがくたびれてきたりして修理が必要にしばらく前からなっていました。リハビリの先生には一年も前からタイヤが危ないと言われていたので、修理を病院のギプスに頼んでおきました。

12年前、車椅子を作った時も見積もりを見てこんなに高いのかと驚いたが補助してもらって自己負担は2割位だったと、はっきりしない記憶にあります。

12年が経ち、タイヤとシートの交換は二度目です。前回も自己負担なしで、有難かったと5年ほど前に書きましたが今回も「補装具費支給決定通知書」というのが届き、全額公費で負担してくれると書いてありました。

 

今回も自己負担なしで、新品同様になったのでお礼の気持ちを記しておきます。みなさんありがとうございます。

 


閲覧数782 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2016/09/05 15:55
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/09/06 08:52
    そのための介護保険です。
    有難く受け取りましょう。

    私も両親の介護をしていた時に、有難く思ったことがあります。
    ポータブルトイレですが、木製でふたをしておけば椅子と
    思わせるのを、求めました。
    最初全額負担ですが、9割戻ってきます。
    介護される方にも気持ちよく過ごしてもらうため奮発しました。
    義母が亡きあとは、友達の所にあげました。

    それと、両親とも介護度は4以上でした。
    市から、1万円の助成がありました。
    自分の身内なので、看て当たり前と思っていました。
    ご褒美のようで、嬉しかったです。
    市の職員にお礼を言うと、かえって喜ばれてしまいました。
    施設に入れると、それ以上の金額が、市にもかかります。

    介護したのも、無駄にはならず、よい経験だったと思っています。
    次項有
  • 2016/09/06 11:04
    みつちゃんさん
      ありがとうございます。
     私はまだ介護認定は受けておらず介護保険とはちょっと違うと思いますが、こういう関係の予算(税金)から出るのでしょう、審査があっての負担割合ですから0円は収入のないこと、お恥ずかしい次第です。
     支給されたと言ってもお金を見ることもなく他に回っていくものですのでまあいいかなと思っています。
     介護認定も申請し役所の担当者が面接に来ました、こちらは、『支援2』でした。
    次項有
  • 2016/09/06 10:11
    有難いことですね。

    みよちゃんも(91歳)も、月千円以下の介護ベット
    週3回のディーサービスも有難いです。

    成熟していく社会のお蔭です。
    次項有
  • 2016/09/06 11:07
    隣のとろろ園さん
      ありがとうございます。
    中東遠のリハビリも長くなりましたので、そろそろ切られそうですので、介護申請をして他を探すことになります。
    「支援2」は1割負担のようですが、中東遠のように大勢の人を見ることもなくなるでしょう、それがちょっと寂しいです。(本人ですから)
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
まーちゃさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 09月05日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み