■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=853343
2022年09月20日(火) 

台風対策で睡蓮の鉢の周りの日除けを外しました。

そしたらまた、例のカエル親父が遊びに来ていました。

 

先日のメダカを食ったという濡れ衣は晴れて、堂々としてます。

日照りの時なら分かりますが、こんな雨模様の中で目的は何でしょうね!

 

さて本題です。

この水鉢の中は他に赤めだかが2匹いるだけだと思っていました。

ところがメダカと思われる赤ちゃんが数匹泳いでいるのが目に停まりました。

とても元気よくふざけ合ってあそんでいます。

 

不思議なのはその親です。

赤めだかを「さすが市」で買ってきたのは10日くらい前です。

そんな短期間で孵化することはないでしょう。

 

それに今の時期にタマゴを産むことはないと思います。

ちょっとした我が家のミステリーです。

 

 

 

 


閲覧数81 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2022/09/20 09:18
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2022/09/20 10:18
    カエルというのは、住む場所がある程度固定されているのでしょうか。狭い範囲で転々と移動しているのかと思っていました。

    また、メダカの繁殖期は4~6月頃が最盛期と思い、毎年、それ以外の月は卵の確認や、別水槽での管理はしていませんでした。

    shinobiさんの情報を参考に、時々注意してみたいと思います。
    次項有
  • 2022/09/20 21:04
    鉛筆shinobiさん
    > 趣味遊友さん

    以前もっと大きな水瓶で睡蓮を育てていた頃は、もっとカエルが寄ってきました。
    大衆浴場みたいでした。

    このメダカの赤ちゃんについては謎です。
    暫く観察してみます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
shinobiさん
[一言]
Encantado=nice to meet you
■この日はどんな日
ほかの[ 09月20日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み