■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=549486
2012年05月03日(木) 
今年の一番茶は3~4月の低温で芽伸びは遅れたが4/27日初取引が行われ5/1日八十八夜も過ぎ小さい芽ながらも動力摘採が始まっていました。
消費の減退が予想されるなか、価格の心配もあって刈り急いでしまうのではないかと心配でしたがこの雨は茶刈りに待ったをかける結果となりました。
茶商さんにとってもまだ味も乗っていないただミルイだけの荒茶は沢山は要らないと思います。
この時季のミルイ見栄えの良いお茶に中盤から後半に製造される味の濃い荒茶を混合してお店の特徴を持ったお客さんに喜ばれる美味しいお茶に仕上げるのがお茶屋さんの技術です。
茶農家の荒茶工場は取引先の要望に合った荒茶を作ることであってやみくもにみる芽摘みをすることではないのです。
昨日からの雨は初期の生産にブレーキを掛けましたが乾いた時とは違った恵みの雨になったのではないかと思います。(終盤の雨は痛手です)

しっかりした茶商さんと信頼の絆で結ばれ茶商さんの好みに合った荒茶を作る工場とただ芽が出たから揉んでいる工場とでは
消費減の時には工場間格差が大きくなってしまいます。
政治も経済も家族や夫婦間も信頼が大切です・・・

閲覧数283 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2012/05/03 11:34
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2012/05/03 15:49
    なるほど”恵みの雨”ですか。。。

    新茶は早いほど、送るのも、飲むのも値打ちと考えていました。

    勉強になりました。
    次項有
  • 2012/05/03 21:12
    セレナーデさん
    今朝NHK深夜便でロマンチックコンサート、クラシックへの誘いセレナーデ名曲集。ハイドンのセレナーデ…○○楽章○番とかが流れていました。‥‥それだけの話しです。
    それでセレナーデさんはどんな方かなと思っていたところにコメントを頂きました。さて
    地元の新茶を早く飲んだり贈ったりするのは値打ちと思います。
    新しい命を早く戴き味わって飲むのは身体にもイイと思います。
    茶農家は「一番茶」の収入で生活です。茶商さんも「新茶セール」での売上はほんの一部で年間通じての消費が伸びない事には多く仕入れたり高値で買うこともできません。
    それが茶農家に…
    ごめんなさい変な愚痴になってしまいました。
    コメントありがとうございます。
    次項有
  • 2012/05/04 12:31
    さすが深い見識をお持ちだ。
    これから先、晴れが続くようで、茶園がどっと
    にぎやかになりますね。
    近年、痛手続きの茶農家さん、今年こそうまくいってほしいと思います。
    次項有
  • 2012/05/04 16:40
    隣のとろろさん
     コメントありがとうございます。

    私には何も分りませんが
     先日かけがわ茶市場開きの日の県議増田氏のブログに

    掛川茶市場 市内生産額が
      48億円から26億円に下がった。

    と書いてありました、
     48億円は2000年頃26億は昨年だと思います。
    これでは後継者は少なく高齢化とともに耕作放棄地が増えるのも無理ありません。

    機能性食品としてのお茶の健康効果は「ためしてガッテン」他科学的にも証明されつつあり、このような追い風も原発の風評被害にはとても勝てません。これでも農家は農地を守り本物はいつか認められると信じてがんばっています。
    次項有
  • 2012/05/05 22:42
    まーちゃさん

    そうです。恵みの雨でした。
    お茶の葉が揃い始めました。

    今頃の芽は本当に美味しい芽ですね。
    雨がこれ以上は降らずにいてもらいたいものです。

    おかげで私も忙しくなりました。
    忙しいと張り合いもあり、楽しく頑張れます。

    放射能の心配はありません。(検査OKです)

    あまり早いお茶よりこれからが美味しくなると思います。
    たくさん消費して欲しいです。
    次項有
  • 2012/05/06 00:07
    みつちゃんさん
     お疲れのところコメントありがとうございます。

    雨があり温度も上がって最高のお茶の今日
     コラボレーションさん(前県議戸塚氏)の日記に愕然としました。
    「2年前の大凍霜害よりも1年前のセシウムの被害よりも、今年の相場に止めを刺されたという声が聞こえてきます」
    このように書いてあり最後に「もう、これで茶業も大転回です。」お茶のことを良く勉強された前県議の日記にショックを受けました。
    放射能の心配は無くても消費が落ち込んでいるのは確かでしょうが何とか消費が拡大することを望んでいます。

    今心配してもどうにもなりません。
    みつちゃんは
    笑顔で「ごくろうさまでーす」と声を掛けてください。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
まーちゃさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 05月03日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み