■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=835325
2018年02月14日(水) 

     ウソの世界

私はウソの世界に生きている

本当の世界があるはずと旅をする

行けども行けども人里は無い

腹はへり喉はかわく

もう何百日も歩き続け

体はヘトヘトボロボロ

やっぱり本当の世界なんか無いんだと

諦めかけた時

ふと遠くに灯りが見える

あれは街の灯り?

もしかしたら本当の世界かと急ぎ足になる

もう野宿はこりごりだ

数時間もすると一つの街にたどり着く

夜も更けているが灯りの付いた家もある

その一軒の家のドアをノックする

しばらくするとドアが開き

そこには猫が一匹立っている

いや立っているのだ

そして、人間なんかが何の用だ森へ帰れと言う

私は驚いて、ご主人に合わせてくれと頼む

俺がこの家の主人だと言われる

そして私が、猫がしゃべるのかと言うと

けげんな顔をして、しゃべる人間は初めてだと言う

何か変なので町のはずれの屋根のある

バス停で夜を明かす

翌日、町がにぎわい始め行ってみると

立った猫たちが往来している

一匹の制服を着た猫が近寄ってきて

どこから来たのか何が目的かを聴く

どうやら警察署なる所に連れて行かれる

その中で身分の高そうな猫がやってきて

イスに座ってテーブル越しに話をする

言葉をしゃべる人間の話は聞いたことがある

遠い世界だと承知しているとのこと

しかしここは猫の世界なので

即刻人間の世界に帰るように言われる

私は、こんな猫の支配する世界はおかしい

人間はどうしているのかとたずねると

人間は森に住み野生化しているという

私は、そんなおかしな世界はない

これはウソだろうと大声を出す

そして言われた

そういうあなたこそ人間の支配する

ウソの世界から来たのでしょう

 

×        ×

1月22日に貰った3篇の中の一つです、まだ2篇ありますので近いうちに載せます。写し間違い御免なさい。

  おまけ


閲覧数97 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/02/14 12:55
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
まーちゃさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み