■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=842340
2019年10月03日(木) 
「老後を考えて、もう2階で寝るのは止めなよ」
「車椅子利用も考えてトイレは広くしなよ」
「起きるの大変になるからベッドにしなよ」

これらは女房殿が家を建て替えると宣言した?時の次男坊の台詞。そもそも昨年迄住んでいた家だって結婚する直前に建てたんだから、住めなくなる程に古くなった訳じゃ無い。2階建てで1階に居間、寝室は2階。昼間は1階で生活し、夜は2階の寝室へといった生活。若い・子育てしてた頃には何も苦にならなかったけれど、息子達も社会人になり少々くたびれた我が家をなんとかしようか?ってな発想だった。

選択肢はリフォームと建て替えの2択、相当迷ったし、その前に資金は老後の生活のために使うべきじゃないか?といった迷いも有った。色々と迷い悩んだ末の結論が『平屋で終の棲家を造ろう』だった。

結果「やっぱり平屋って快適!」この一語に尽きる!

勿論それは子育ても終わった夫婦だけの生活がベースになってる事は間違いない。階段を上り下りしたり、客熱地獄?の2階も無い。女房殿に言わせれば「台所が灼熱地獄じゃ無いのが助かる」との事。以前の家は台所が独立していて、確かに夏の間は滅茶苦茶暑くなり、女房殿はスカートの腰のところに小さなファンを付けて、シャツの中に風を送ってしのいでいた程。

居間と寝室だけのコンパクトな造りだから、寝室と居間の仕切りはフルオープンでワンルームみたいな使い方してる。だから(度々書いたけど)1台のエアコンでほとんど温度ムラの無い空間が心地よい。因みに現在の住まいになってから、2人ともベッドの上で過ごす時間が多くなったかな?ちょっと広めのワンルームで、それぞれのテリトリーを造って生活してる感じ?

トイレと風呂の脱衣スペースを除き床材は全て檜の無垢材、引っ越してからここまでは2人共スリッパ使わず裸足で生活していて快適。裸足での生活は工務店から「しばらくは裸足で生活して足の脂を付けてくださいね」って言われたから。但しこれから冬に向かってどうなんだろ?と思ってる。

床下暖房も考えたけど、予算の関係で見送ってるのでスリッパ生活になるのかな?なんて勝手に想像はしてる。暖房はエアコンかな?と思ってるけど、エアコンって鼻の穴の中がバリバリになる程乾燥しちゃうからなぁ〜。そしてその乾燥対策としてこれまた電気使って加湿器使ったりして…、まさにマッチポンプ!矛盾してるよね。

因みに建て替えてる間に住んでいたアパートでは結局エアコン使う事無く、夜間に短い時間オイルヒーターだけで過ごしてた。なので今回もオイルヒーター使ってみようかと思ってる。

これまた何度も書いてるけど、狭い(コンパクト?な )家なんでLDKにはダイニングテーブルも置かずに、対面式キッチンにカウンターチェア使って食事してるけど、これもだいぶ慣れて来た。但しそうするとテレビに背中向ける格好になるんで、日本の食事風景の王道?食べながらテレビってのができ無くなってる。まぁそうは言ってもテレビは点けてるし気になる時は降り向いてるけどね。

閲覧数226 カテゴリ日記 投稿日時2019/10/03 20:34
公開範囲外部公開
■プロフィール
FAIRY-TALEさん
[一言]
FORZA・S-PULSE!!
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み