2022年08月09日(火) 
本日は、午前中に職員会議、午後は小笠教育研究協会主催による教育講演会が開催されました。これは昭和50年から続いているもので、例年は小笠地区の小中学校教員が一同に集まり開催されていました。本年度は、昨年度に引き続きコロナ対策のため、オンライン開催となりました。
本校では、職員室に画面を用意し、全職員で参加しました。演題は「みんなの学校がおしえてくれたこと」、講師は大阪市で小学校長を歴任された方でした。インクルーシブ教育や地域と連携した教育などを実践されてきており、発達障害など特別な支援を要する児童生徒への対応について参考になる内容でした。
教職員にとって、力量をアップさせていく上で研修を受けることはとても大切です。今後は、集合研修に加えて、コロナに関係なくオンライン研修も取り入れながら、充実した研修を進めていきたいと考えています。

閲覧数104 カテゴリ日記 投稿日時2022/08/09 15:53
公開範囲外部公開
■プロフィール
城東中学校さん
[一言]