■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=853149
2022年09月02日(金) 

前回も挙げましたが、本日も徳川幕府2代将軍徳川秀忠を生んだ西郷の局のお墓の在る静岡市の宝台院へ展示品を観に行って来ました。ここは大政奉還を成し遂げた15代将軍徳川慶喜の謹慎していたお寺でもあります。

徳川慶喜の書

西郷の局の位牌

1611年スペイン国王から徳川家康に送られた時計

徳川慶喜が使っていたキセルもありました。大政奉還を成し遂げた後どんな気持ちで煙草を吸っていたのだろうと思いました。


閲覧数103 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2022/09/02 22:56
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2022/09/03 08:55
    shinobiさん
    徳川秀忠公の母親と言う事で、私が訪れたときには秀忠公の正室「お郷さま」の位牌がありました。

    もっともその頃は例の大河ドラマが始まる前でしたからね。
    次項有
  • 2022/09/03 09:50
    大河ドラマ「青天を衝け」で、慶喜を
    草彅剛が演じて、改めて所業が注目されました。
    妻が、草彅ファンなので、徳川の話題が増えました。
    次項有
  • 2022/09/03 10:48
    shinobiさん、コメントありがとうございます。他にも位牌ありました。お江と表示されたのありました。それがそうかも知れませんね。
    私は慶喜愛用のキセル、1611年にスペイン国王から家康に送られた時計に大変感動しました。
    国宝であった宝台院昭和15年の静岡大火で焼けてしまって今の姿となったのですが、大火に会わなければもっと多くの素晴らしいものがあったのではないでしょうか、残念に思います。
    次項有
  • 2022/09/03 11:05
    隣のとろろ園さん、コメントありがとうございます。
    「青天を衝け」のチラシ表示してありました。慶喜に渋沢栄一が正座して頭を下げているところありした。
    草彅剛の徳川慶喜役適役だと思います。
    本気になって幕府が維新軍と戦っていれば外国の思いのままの植民地にされていたと思います。260年の平和を始めた徳川家康と同等に徳川慶喜先の見えていた名将だと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ちょっとさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 09月02日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み