2017年05月19日(金) 

5月2日に載せた通り、一年生だと思っていたバケツ稲の根が一部、生き残っていて三度も冬を越して春先に芽を出してくれていたが、ついに今年は御燈明が切れてしまいました。

 

その枯れ株の脇に、昨年採れた籾があったので2日に2粒蒔いて於いたが、もう生えないと思って、諦めていたが今日見たら一つ目を出しているのが見えた。

 

「蒔かぬ種は生えぬ」がタネを蒔けば生える。生えても枯れてしまうかも知れないが、とりあえず、成長を楽しみにしたいです。(この写真ではよく見ないと見えないです)

 


閲覧数52 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2017/05/19 15:21
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/05/19 16:57
    ターコさん
    5月2日は
    まーちゃさんにしてみれば、縁起がいい日の様ですね~♪

    芽が出ましたね~!

    何事にも挑戦する心
    感動する心が
    若さの秘訣と言います。

    楽しみにしましょう(*^_^*)
    次項有
  • 2017/05/19 18:30
    ターコさん
       ありがとうございます。

    5月2日は、♪夏も近ずくー八十八夜―・・・ですからねぇ茶農家にとっては霜の心配もなくなり良い時季でしたから・・好きです。

    賢いターコさんですから、植物の種でなく、楽しみの種まきを若い時から沢山してあると思います。これから収穫した時にはお裾分けして種をまた蒔いて下さいね。
    次項有
  • 2017/05/19 20:00
    楽しみが増えましたね。
    気温が高くなれば、うまくいくかもしれませんね。
    次項有
  • 2017/05/19 21:00
    みつちゃんさん
      ありがとうございます。

    早植えのコシヒカリはもう、分げつして田んぼは青々として賑やかになってきています。

    今年もまたバケツ稲の成長を見守ります。この1粒がバケツの中でも秋には数百粒に増えると思うと面白いですね、今年もお付き合いお願いします。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
まーちゃさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み