2020年01月13日(月) 

 

> 「indeep」さんより抜粋・引用 リンク

>●他の国からは理解しがたい私たちの神道的「無宗教」

> 海外のサイトで、「日本の地域による宗教分布」ということをテーマにした学術的な記を見かけまして、それになかなか興味を感じました。 > 私自身は、以下の記事などでも少しふれていますが、日本人というのは「本質的に無宗教」であると考えています。

 

そうですね。日本人は、無哲学・能天気の民族であります。宗教に関する考えは、宗教哲学になります。日本人のような無哲学な民族には、宗教哲学がない。

 

>しかし、それは、唯物論に傾倒している上での西洋的な無宗教ではなく、日本人は(今でさえも)「全員が自分の中に神を持っている」ということを無意識に知っていることからのものだと考えます。

 

全ての考えは文章になる。文章にならないものは考えではない。

宗教に関する考えは宗教哲学になる。歴史に関する考えは歴史哲学に、政治に関する考えは政治哲学になる。科学は科学哲学、人生は人生哲学、などなどになる。

我々日本人は、胸の内にもやもやしたものを持っていますね。だが、それは文章にならない。

司馬遼太郎は、<十六の話>に納められた「なによりも国語」の中で、片言隻句でない文章の重要性を強調しています。

「国語力を養う基本は、いかなる場合でも、『文章にして語れ』ということである。水、といえば水をもってきてもらえるような言語環境 (つまり単語のやりとりだけで意思が通じ合う環境) では、国語力は育たない。、、、、、、ながいセンテンスをきっちり言えるようにならなければ、大人になって、ひとの話もきけず、なにをいっているのかもわからず、そのために生涯のつまずきをすることも多い。」

 

>もちろん現状で、何らかの宗教を信仰されている方はたくさんいらっしゃると思いますが、本質的という意味においては、組織的な信仰や、唯一神などの存在は日本人的価値観とは相容れないものだと思っています。

 

宗教哲学がなくては、組織的な信仰は無理でしょうね。’あるべき姿’ (非現実・考え) の内容などは、無哲学の人では持てませんね。各人に哲学は必要である。Everyone needs a philosophy.

 

>それはそれとして、日本の「地域での宗教的特徴のちがい」ということが、海外の統計データにあることを知りまして、そのデータなどを見た後さらにいろいろと調べていると、やはり「本質的に無宗教的である日本人」の姿がさらに強く浮かび上がります。

 

わが国の宗教には、儀式があって教義がない。日本人には、作法 (現実) があって考え (非現実) がない。

 

> 海外からは寛容な信仰の精神(どんな宗教や信念でもいいし、信仰が重なっても構わない)とか、初詣だとか七五三だとか、あるいは葬儀など、どう見ても宗教的な儀式に見えるものも、「実際には誰もそんなことが宗教的だとかは思っていない」とか、そういうことも含めて、複雑に見えるようです。

 

そうですね。無哲学・能天気の人間は、つかみどころがないですね。

 

>これはたとえば、西洋や中東で、「イスラム教とキリスト教のどちらも信仰しています」という理屈は通じないわけですけれど、日本は OK だと。>神道でも仏教でもOK。

 

そうですね。儀式があって教義が無ければ、どなたももっと自由に行動できますね。考えも無く行動することが、果たして良いことかどうかは分かりませんね。

 

>●日本の宗教分布

>・民間神道あるいは無宗教 (51.82%) >・仏教(34.9%) >・組織化された神道など(4%) >・キリスト教(2.3%) >・無回答(7%) >しかし、実際の調査は、もう少し「現実」を示しています。>読売新聞が2005年8月6日と 7日に行った「宗教」に関する世論調査の結果が、日本の宗教 - Wikipedia に掲載されていますが、その結果は以下の通りでした。> 日本で2005年に行われた調査「宗教を信じていますか」より >・宗教を信じていない (75%) >・宗教を信じている(23%) >・神や仏にすがりたいと思ったことがある(54%) >・幸せな生活を送るうえで宗教は大切ではないと思う(60%) >・幸せな生活を送るうえで宗教は大切だと思う(35%) > 「宗教を信じていない」人が 75%にのぼるのに、「神や仏にすがりたいと思ったことがある」人が 54%もいるというお茶目な日本人。

 

そうですね。’苦しい時の神頼み’ ですね。無哲学・能天気の人間であっても苦しい時はありますね。わが国の宗教にも儀式はある。だから、苦しい時には儀式を励行します。必勝祈願の朝参りです。

 

(略)

 

 

 

 

 


閲覧数44 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2020/01/13 17:25
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
シンちゃんさん
[一言]
明るい未来社会を築こう
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=843341