■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=799365
2015年06月28日(日) 
 父は、98年4カ月の生涯を閉じました。
98歳を超す長寿を全うして旅立ちました。
閲覧数391 カテゴリ日記 コメント9 投稿日時2015/06/28 18:51
公開範囲外部公開
コメント(9)
時系列表示返信表示日付順
  • 2015/06/28 20:48
    ターコさん
    優しい、お人柄のお父様でしたね~!

    98歳の大往生
    羨ましい死にかたをされました(合掌)
    次項有
  • 2015/06/28 21:03
    ご愁傷さまでした。
    やっぱり、まーちゃさんのお父様でしたか。

    働き者のお父様と伺っておりましたので・・

    寂しくなりますね。
    家を見守ってくださると思います。
    次項有
  • 2015/06/28 21:34
    shinobiさん
    ご愁傷さまでした。

    私の父は昨年末に92歳でこの世を去りましたが、そうしてみると早死にでしたね!
    母は現在93歳でがんばっていますが、いつまでがんばり続けることが出来るでしょうね!

    ちなみに祖母は99歳4ヶ月ということで惜しいことをしました。
    1899年生まれなのでもう少しで3世紀にまたがって生きたことになりました。
    でも明治、大正、昭和、平成と生き抜いたことは誇りだったと思います。
    次項有
  • 2015/06/28 21:46
    ターコさん
      ありがとうございます。
    オヤジの年まで生きるようなことがあれば大変ですが、今、保育園の孫たちが学生服とセーラー服の姿は見たいと思いますね。
    次項有
  • 2015/06/28 21:48
    みつちゃんさん
      ありがとうございます。
    一年間くらい、ディサービスや訪問看護を受けていましたが、入院は正月明けからで、耳も近く意識も最後までしっかりしていました。
     98歳という天寿を全うしての葬儀ですので悲しい思いはありませんがしばらくは寂しく思うでしょうね。
    次項有
  • 2015/06/28 22:05
    shinobiさん
      ありがとうございます。
    長寿の家系ですねshinobiさんは鍛えていらっしゃるから100を楽に超すでしょうね。

    オヤジはそれまでは達者でしたので100までは大丈夫と思っていました、そうなると市長がお祝いにでも来たら、私はこんな体でどこに隠れようと思っていた時もありました。
     安らかな顔で逝きましたのでホッとしています。
    次項有
  • 2015/06/29 16:15
    セレナーデさん
      ありがとうございます。
     「全う」こんな時には使ってもいいでしょう?
    「のほほん」でないと生きていけません私は、これからも「のほほん」を貫いて行こうと思います。
    次項有
  • 2015/07/01 14:49
    御愁傷様でした、
    激動の時代を見事に、生き抜いて・・・、
    98年間、多くのドラマがあったのでしょうね。

    家にも、92歳の義母がおります。
    年々、遅くなる動作と、あいまいになる記憶に
    生き抜いてきた今までの尊厳を忘れそうになり、反省の日々です。
    日々、新たなり、出直します。
    次項有
  • 2015/07/01 22:30
    隣のとろろ園さん
      ありがとうございます。
    何処の家でもそうだと思いますがオヤジとの会話は必要最小限でした、二人ともお酒を飲まなかったのでなおさらです、褒められたことはなかったです最後まで存在感がありました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
まーちゃさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 06月28日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み