2019年06月12日(水) 

 

 

 

(略)

> 日本人に対する外国人の印象は人によってかなりまちまち。

> 人によっては、レイシストだとか閉鎖的だとか言うが、言っている本人がレイシストであり、固定観念の塊であったりする。> 日本人の心遣いがすばらしいという人は、心遣いが出来る人。>これはどうゆうことだろう?

 

日本人は、つかみどころのない人間ということでしょうね。

 

> >日本人は、相手に染まりやすいね 

 

そうですね。無哲学・能天気でしょう。‘私は絶対に日本人を信用しない。昨日までの攘夷論者が今日は開港論者となり、昨日までの超国家主義者が今日は民主主義者となる。これを信用できるわけがない’  (あるアメリカの国務長官)

 

>日本人は確固たる自己がある訳では無く、廻りの状況で変化する。

 

そうですね。山本七平は、<ある異常体験者の偏見>の中で、日本人の絶対化について述べています。「日本軍が勝ったとなればこれを絶対化し、ナチスがフランスを制圧したとなればこれを絶対化し、スターリンがベルリンを落としたとなればこれを絶対化し、マッカーサーが日本軍を破ったとなればこれを絶対化し、毛沢東が大陸を制圧したとなればこれを絶対化し、林彪が権力闘争に勝ったとなれば『毛語録』を絶対化し、、、、、、等々々。常に『勝った者、または勝ったと見なされたもの』を絶対化し続けてきた―――と言う点で、まことに一貫しているといえる。」と述べています。

 

> 優しい人には優しく接するし、警戒している人には警戒する。 > 人種が何であろうと、相手の心はある程度理解できる。 > 意識しなくとも、相手にシンクロしてしまう。

 

‘なあなあ主義’ というのかな。恣意疎通 (阿吽の呼吸・つうかあの仲) でしょうね。恣意 (私意・我儘・身勝手) は、単語 (片言・小言・独り言) により表現されるので、文章もなく意味も無い。言語 (文章内容) による障壁がない。アニマルと同じである。

 

> 当たり前だと持っていたが、結構、日本人の美質なのかもしれない。

 

そうですかね。‘和をもつて貴しとなす’ か。日本人には、世界観がない。世界の隅々にまで届く考え (非現実) の内容がない。外国人の印象を左右するほどの力がない。

 

 

.

 

 

 

 

 

 


閲覧数43 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2019/06/12 11:53
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
シンちゃんさん
[一言]
明るい未来社会を築こう
■最近のアルバム
■最近のファイル
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=841050