■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=829887
2016年12月08日(木) 
昨日最新式美容法がテレビで紹介されておりました。顔全体と頭に針を刺して
電気を流して筋肉を動かして小顔等にする美容法の様でした。その方法が
私が昭和42年に頭痛と目眩で掛川市立総合病院に入院した時、脳に障害があるか検査するために脳血管撮影と脳波の検査を行いましたが、その時の脳波の検査の仕方が昨日の美容法とそっくりなので笑ってしまいました。その時私はベットに
仰向けに寝かされ、頭に針を刺していくので怖くなって、「何本刺すのですかと言ったら30本ぐらい刺しますのでジッとしていてください」と言われ、東高の
看護科の生徒が見物する前でその針に電流を流し脳波の検査を行いました。それが、昨日の美容法にそっくりだったのです。CTのない時代の検査なら仕方ない事ですが、わざわざ大金を払ってこんな美容法を受ける人たちがいらっしゃることに世の中も変わったものだと思いました。ちなみに私はオデコから上で顔には刺しませんでしたが、あと二つの検査の方が後遺症が残り、もっともっと
つらい検査のように思われました。思い出すだけでも怖くなります。現在は医療が発達して、患者さんも楽になりましたね。昔は脳血管撮影は全身麻酔で、頸動脈に
注射針を刺して。そこから造影剤を注入して脳の血管を撮影するのですが、
麻酔が切れた後が大変で首が痛くてしばらく寝返りも出来ませんでした。
そして全身麻酔の後遺症で1年ぐらい頭がふわふわして気持ちが悪かったのを
覚えております。

閲覧数816 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2016/12/08 00:38
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/12/08 18:55
    鉛筆edaさん
    最後の一カ所は脊髄の水が濁っているか調べる検査でした。これは現在でも行われているところもあるようですが、腰椎麻酔をして、その後注射器で、脊髄の水をとる検査でしたが水を抜き取るのではなく
    試験管の様なもので、背骨から水を受け止めている様に感じました。
    その時の看護婦さんが、急に抜き取るのは体に良くないからと言っていたように思われました。髄膜炎の検査の様でした。がしばらく腰に鈍痛が続きました。現在でも背骨の検査の場所は痛くはないけど違和感があります。
    以上すべて検査の結果は異状なして安心しました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
edaさん
[一言]
edaは通称真法使いのおばあさんです
■この日はどんな日
ほかの[ 12月08日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み