■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=836537
2018年05月18日(金) 
僕達の世代で日大フェニックスといえば、ショットガン・フォーメーションで一時代を築いた栄光の赤いユニホームでした。

アメフトなんか知らないし、ましてや当時はインターネットなんて無かった時代だから情報なんて限られていました。でもそんな自分でも意味は知らずとも「ショットガン・フォーメーション」はの言葉は知ってましたね〜。

それからずっと栄光は続いていたと思ってましたが、何年か前にひょんな事からネット検索。栄光は過去のもので今や凋落久しい日大フェニックス、そんな感じでした。

それが…、ここに来て話題の中心に。それも昨年の優勝の何倍もの注目を浴びる事になるとは…。

YouTubeをはじめ、ニュースでもプレーが幾度となく流されてましたが、その汚さは初めて目の当たりにするレベル!

監督は日大の組織でもかなり上の立場らしく、意見できる人は居ないみたいですね。そのためか、日大の公式謝罪文には監督を庇い、選手が監督の言葉を曲解した事によるものという、この場に及んで選手個人に罪をなすり付ける文面ですな。

これって、発表する時に「これなら納得してもらえる」とほんの少しでも思っていたとしたら、馬鹿丸出しですね。

関学側が言うとおり、もし曲解していたとしたら、選手が反則プレーをした直後にでもプレーを止めて選手に注意し、正しい指示を出し直すべきだし、それが出来た筈。

でもその様な事は行われず、度重なる反則で退場となった当該選手に、スタッフ一同何も指示した形跡すら無いとの事。

監督さん、保身が過ぎませんか?プロスポーツならいざ知らず、学生スポーツなんだからここは全ての責任は監督にあって当たり前。

当該選手も、反則は監督の指示だと言ってるじゃん!

もう観念しなよ。これ以上あがくのは、アメフト部にとどまらず、日大全体のイメージを悪くするし、日大の学生も肩身がせまい思いをしてるよ。

いい歳こいたジジイなんだから、鎧を脱いで綺麗さっぱり謝って、日大アメフトの世界から離れるべきだと思うよ。

閲覧数31 カテゴリ日記 投稿日時2018/05/18 17:43
公開範囲外部公開
■プロフィール
FAIRY-TALEさん
[一言]
FORZA・S-PULSE!!
■この日はどんな日
ほかの[ 05月18日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み