■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=858196
2024年04月02日(火) 
 3月30日(土)に既報の通り、ジャガーの前照灯ロゥビームがまた左右とも点灯しなくなった。
 4月2日(火)に、山本氏に依頼して、電球を交換したところ、正常に点灯するようになった。

 此れまでの電球は、2代続けて、PIAA社の明るいH1ハロゲンバルブ(55W、明るさ100W相当、色温度6000K)である。
 昨年5月2日(火)に装着した電球は昨年12月20日(水)に左右とも不点灯に気づき、昨年12月21日(木)に装着した電球は3月30日(土)に左右とも不点灯に気づいた。
 また切れると嫌なので、今回は同じ電級は採用しなかった。

 国産車と違って、前照灯の電球のスペースが狭く、交換の手間も大きい(右はABSユニットが迫っていて手が入りづらく、左は20キログラムぐらいある100アンペアアワーのバッテリーを一時的に取り外す必要がある)。
 放熱器が大きいLED電球は、納まらなかった。
 しかし最近、放熱器を含めた大きさが、ハロゲン電球より大きくないLED電球が登場している。前照灯ロゥビームの暗さに悩まされていたこともあり、今回、『業界最ちっちゃ!』を標榜する、SUPAREE社のLED電球を採用した。尚、色温度は公称6500K。
 ハロゲン電球と同じ難易度で装着できた。

 LED電球に交換後、正常に点灯した。
 昼間だったので、明るさ(どれだけ明るくなったか)は不明。

 尚、ロゥビームはフィラメントが2つあるH4電球が普通であるが、国産車と違い、非減光時、外側2灯は下向きで点灯し、内側2灯が上向きで点灯するので、ロゥビーム(外側2灯)はフィラメントが1つのH1電球である。

 さて、電球が短期間のうちに2回も左右とも切れたのは異常である。
 電球のロット不良か車両に異常がある可能性が大きい。
 車両は、少なくとも、車内に積んであるDC/ACインバータの入力電圧計を見るたびにいつも、13.5V以下であり、オルタネータに異常はない公算が大。(電圧系を常時監視してるわけではないが)
 切れた電球(2回の合計で4個)をPIAA社に送ってみる予定。

[写真1:切れた旧電球(ハロゲン)]

[写真2:切れた旧電球のクローズアップ]

[写真3:新電球(LED)]

閲覧数64 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2024/04/02 23:23
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2024/04/06 21:59
    鉛筆ちゆきさん
    【断線した電球4個をPIAA社に送付】

     今日4月6日(土)、送料着払い(PIAA社の指示による)で、発送しました。
     保証書はない(最初から付いてなかったかもしれない)ですが、購入時の領収書の写しを添付しました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ちゆきさん
[一言]
■この日はどんな日
ほかの[ 04月02日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み