■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://e-jan.kakegawa-net.jp/blog/blog.php?key=857852
2024年02月11日(日) 

今日も暖かい日だったので外で日向ぼっこで、はびこったネコダマを切っていたら何かの蛹が出てきた。

蛹で越冬してこの春、成虫になって出てくる奴だと思い胸のポケットに入れて部屋に戻った。

 

紙コップにでも入れておけばサナギだから餌やりの必要もなく蛾に変身するかもしれないと思ったからです。

ところが、そううまくはいかないらしい、蛹で検索してみたら蛹は振動などのショックで容易に死亡すると出てきた。

変身が見れれば儲け見れなくて元々、これが書けただけ儲けケセラセラ

 


閲覧数76 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2024/02/11 17:13
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2024/02/12 10:07
    昨日、花に蝶がとまっていました。
    こんなにまだ、寒いのにと思いました。

    今生えたばかりの苗を育てています。
    これを植える頃の事が心配になりました。

    暖かいのは助かりますが、もう少し寒くてよいのかも。虫たちの反応も早いですね。
    次項有
  • 2024/02/12 17:03
    みつちゃんさん
      ありがとうございます。

    1月の暖かい日にチョウチョが飛んでいるのを見た気がします。そのとき成虫で越年するのも居るのかなと思いました。

    お茶の害虫にハトジってのがいますが、暖冬の年には夏場の被害が少ないです。それは、越冬していた幼虫が春が来たと思って葉を食い始める、そこに寒さか戻るとお腹を壊して死んでしまうからだと聞いたことがあります。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
まーちゃさん
[一言]
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み